24日は「立春」です。前日の節分の豆まきで邪気を払い、春を迎えるおめでたい日です。「春鹿 立春朝搾り」は、 この日を祝い、立春の日の早朝に搾り上げる生原酒です。


搾り上がりが2月4日と決まっている立春朝搾りは、出来上がりが早すぎてもダメ!遅くてもダメ!
完璧な管理と微妙な調整が必要なのです。
「大吟醸より神経を使う」という杜氏さん泣かせのお酒です。

また、搾り上がったらすぐに瓶詰めして出荷しなければならないため、
この日蔵人たちは夜中から、ときには徹夜での作業を行います。


 「立春朝搾り」をその日のうちにお客様に飲んでいただくため、
私達酒屋が早朝から自ら蔵に足を運んで、瓶詰めや出荷の作業をお手伝いをします。
そして、注文分のお酒を直接蔵から運び出し、皆さまのお手元にお届けします。


また、総出の出荷作業の後には、「今宮戎神社」の神主さんによるお祓いが行われます。
お酒を造る人・届ける人・飲む人……「立春朝搾り」に関わるすべての人の無病息災、家内安全、商売繁盛を祈願。
皆さまに幸多かれと、穢れのない新酒をお届けします。

と、ホームページをそのままパクリましたが〜(^^;;

今朝は早朝より、立春朝搾りに春鹿さんへ、登さんに同行しました。



初めての立春に参加〜っと思いきや、実は私は以前も地元で酒屋勤めしてまして、数年前にも京都の白嶺酒造の立春に参加してました(^^;;

また違った地域でこのイベントに参加するとは思ってもみませんでしたが(笑)




始めに蔵元さんよりご挨拶など。

約90名ほどの酒販店さんなどが参加。

県外からも多数、東京からも。

人気ありますねー春鹿さん(^^)




続いて作業タイム。

肩ラベル貼りですね〜(^^)




おぉ〜❗️❓

登さんめっちゃ働いてる〜❗️

私は隣で応援してます❗️

フレーフレーψ(`∇´)ψ




と、応援だけでは給料が減るかもしれないので働きます❗️

まずは、こんなふーに型がありましてー




そこに合わせて貼る❗️




ほーらできたー(^^)

カンタンです(^^)




中には左のよーに適当に貼る人も…

困ったもんですヽ(´o`;


作業が終わると、まかないの朝食がでます。




酒粕入り豚汁、美味かった(^^)




最後に今宮戎神社の神主さんのご祈祷とお祓いです。これにて終了。

搾り立てのお酒を持ち帰りました。(^^)


今年は12,000本の出荷との事。スゴイですね〜(^^)…あってたかな?(笑)


スペックは

純吟生原酒 山田55、17%

酒度-7、酸度1.7、アミノ酸度1.0

香りはめっちゃ華やか、酸がある程度しっかりある分、酒度ほどの甘味は感じないと思います。フルーティというよりは、若さが強調されてフレッシュで軽快な感じです。


春鹿さん、昨日から今日まで多忙な1日、お疲れさまでしたー❗️m(_ _)m



余談ですが〜

仕事から帰る途中に『とんよし』という豚カツ屋の前を通るのですが…

先日TVの『しゃべくり007』で、柔道メダリストの篠原さんがこの店を紹介してた影響で、いつもにない行列が出来てました(^^;;

もともと人気のある店ではあるんですが、TVの影響でまくりですね(^^;;

メディアの影響力はスゲー❗️と改めて思いました(笑)